7923円,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 催眠鎮静剤 , 第二類医薬品,【第2類医薬品】【5個セット】,【正規品】,5個セット!,120錠(4錠×30袋)×5個セット,booking-smartworld.com,スリーピンα,/interpretership2555896.html 5個セット 第2類医薬品 スリーピンα 120錠 4錠×30袋 売り込み ×5個セット 正規品 5個セット 第2類医薬品 スリーピンα 120錠 4錠×30袋 売り込み ×5個セット 正規品 7923円,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬品 , 催眠鎮静剤 , 第二類医薬品,【第2類医薬品】【5個セット】,【正規品】,5個セット!,120錠(4錠×30袋)×5個セット,booking-smartworld.com,スリーピンα,/interpretership2555896.html 7923円 5個セット! 【第2類医薬品】【5個セット】 スリーピンα 120錠(4錠×30袋)×5個セット 【正規品】 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 催眠鎮静剤 第二類医薬品 7923円 5個セット! 【第2類医薬品】【5個セット】 スリーピンα 120錠(4錠×30袋)×5個セット 【正規品】 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬品 催眠鎮静剤 第二類医薬品

5個セット 第2類医薬品 スリーピンα 120錠 直営限定アウトレット 4錠×30袋 売り込み ×5個セット 正規品

5個セット! 【第2類医薬品】【5個セット】 スリーピンα 120錠(4錠×30袋)×5個セット 【正規品】

7923円

5個セット! 【第2類医薬品】【5個セット】 スリーピンα 120錠(4錠×30袋)×5個セット 【正規品】


スリーピンα

商品説明

『スリーピンα 』

「スリーピンα」は,7種類の天然生薬からなる漢方処方「抑肝散」配合の医薬品です。
ストレスによる自律神経のアンバランスを整え,神経のたかぶりや不安などからくる不眠症,神経症に効果があります。
「いろいろ考えて寝付けない」「夜中に目が覚めて眠れない」「熟睡できない」など,毎日の睡眠に不安を感じる幅広い世代の方に服用いただけます。
加齢による不眠にも安心してお使いいただけますので,シニア世代にもおすすめです。
●自律神経に働きかけて精神を安定し不安をラクにすることで,つらい不眠を改善します。
●睡眠リズムを整えることから,睡眠の質を高める効果が期待できます。
 「朝起きても疲れがとれない」「ぐっすり眠った感じがしない」という方にも。
●夜眠りにくいときに,枕元に置いて服用しやすい分包タイプです。


※ メーカー様の商品リニューアルに伴い、商品パッケージや内容等が予告なく変更する場合がございます。また、メーカー様で急きょ廃盤になり、御用意ができない場合も御座います。予めご了承をお願いいたします。

【スリーピンα  詳細】

12錠中
抑肝散乾燥エキス(11/20量) 1.88g
添加物として 結晶セルロース,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),乳糖水和物,軽質無水ケイ酸,ステアリン酸マグネシウム,ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース),ステアリン酸 を含有。
原材料など
商品名 スリーピンα
内容量 120錠(4錠×30袋)
販売者 薬王製薬(株)
保管及び取扱い上の注意 (1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)1包を分割した残りは袋の切り口を折り返して保管し,2日以内に服用してください。
(5)水分が錠剤につきますと,変色または色むらを生じることがありますので,ぬれた手で触れないでください。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。
用法・用量
次の量を,食前または食間に服用してください。

[年齢:1回量:1日服用回数]
成人(15歳以上):4錠:3回
7歳以上15歳未満:3錠:3回
5歳以上7歳未満:2錠:3回
5歳未満:服用しないこと


(1)定められた用法・用量を守ってください。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(3)食間とは食後2~3時間を指します。
効果・効能
体力中等度をめやすとして,神経がたかぶり,怒りやすい,イライラなどがあるものの次の諸症:不眠症,神経症,歯ぎしり,更年期障害,血の道症,小児夜なき,小児疳症(神経過敏)
※(1)血の道症とは,月経,妊娠,出産,産後,更年期などの女性のホルモンの変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状及び身体症状のことである。
(2)小児疳症(しょうにかんしょう)とは,神経の興奮によっておこる「イライラ・怒りっぽいなどの感情のたかぶり,ひきつけ,興奮して眠れない,筋肉のひきつりやけいれんなど」の小児の症状です。
ご使用上の注意
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (3)胃腸の弱い人。
 (4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ

 まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

[症状の名称:症状]
間質性肺炎:階段を上ったり,少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる,空せき,発熱等がみられ,これらが急にあらわれたり,持続したりする。
心不全:動くと息が苦しい,疲れやすい,足がむくむ,急に体重が増えた。
肝機能障害:発熱,かゆみ,発疹,黄疸(皮膚や白目が黄色くなる),褐色尿,全身のだるさ,食欲不振等があらわれる。

3.1ヵ月位(小児夜泣きに服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
◆ 医薬品について

◆医薬品は必ず使用上の注意をよく読んだ上で、 それに従い適切に使用して下さい。

◆購入できる数量について、お薬の種類によりまして販売個数制限を設ける場合があります。

◆お薬に関するご相談がございましたら、下記へお問い合わせくださいませ。

株式会社プログレシブクルー 072-265-0007
※平日9:30-17:00 (土・日曜日および年末年始などの祝日を除く)

メールでのご相談は コチラ まで

広告文責 株式会社プログレシブクルー
072-265-0007
商品に関するお問い合わせ 会社名:薬王製薬株式会社
問い合わせ先:お客様相談室
電話:0744-33-8855
受付時間:9:00~17:00(土,日,祝日を除く)
区分 日本製・第2類医薬品

■ 医薬品の使用期限

医薬品に関しては特別な表記の無い限り、1年以上の使用期限のものを販売しております。

それ以外のものに関しては使用期限を記載します。


医薬品に関する記載事項

5個セット! 【第2類医薬品】【5個セット】 スリーピンα 120錠(4錠×30袋)×5個セット 【正規品】

更新情報 2020年11月14日 遺留分侵害額請求できる期限はいつまでか?を公開いたしました!

遺産相続の基本

遺産相続は法律の問題です。遺産相続を正しく解決するためには,法律の基礎知識を知っておく必要があります。

>> 遺産相続の基本の記事一覧

遺産分割の手続

遺産を相続人間で分配するためには,遺産分割の手続が必要となります。裁判手続を利用する場合もあります。

>> 管材商品_バルブ_メーターユニット関連_サドル分水栓KITZ(キッツ):WXD200X13A キッツ サドル付分水栓(A型) ダクタイル鋳鉄管(DIP)(WXD200X) WXD200X13A

遺言の作成・執行

遺産相続に関する相続人間の紛争を未然に防ぐための方法は,遺言を作成しておくのが,もっとも効果的です。

>> 遺言に関する記事一覧

相続の承認・放棄

法定相続人は,相続を受ける(相続の承認)か受けないか(相続放棄)を自分の意思で選択することができます。

>> 承認・放棄に関する記事一覧

遺留分侵害額請求

法定相続人には,遺言によっても奪うことのできない最低限の権利として,遺留分が認められています。

>> 遺留分に関する記事一覧

その他の相続問題

遺産相続の問題にとしては,その他にも,相続回復請求・遺産確認・財産分離などの各種の問題があります。

>> 各種相続問題に関する記事一覧

弁護士による法律相談をご希望の方は 042-512-8890

遺産相続・遺言作成でお困りの方

「相続」とは,亡くなった方(被相続人)の財産を,相続人に承継させることにより,法的な安定性を確保しようという制度です。

相続においては,亡くなった方のことを「被相続人」といい,相続を受ける方のことを「相続人」といいます。

誰が相続人となり,どの程度の財産を引き継ぐことになるかは,原則として,法律(民法)によって定められています。相続人となるのは,「子」「直系尊属」「兄弟姉妹」「配偶者」です。

相続人には,優先順位が決められています。第1順位は「子」,第2順位は「直系尊属」,第3順位は「兄弟姉妹」となっています。「配偶者」には優先順位がなく,常に相続人となるとされています。

配偶者がいる場合や同順位の相続人がいる場合の相続分の割合についても,民法によって原則が定められています。

相続は,被相続人の死亡によって当然に開始されます。つまり,相続人の意思に関係なく,相続というものは開始されてしまうということです。

相続の開始によって,被相続人が有していた財産(相続財産)は,相続人に引き継がれることになります。

もっとも,引き継がれるのはプラスの財産(資産)だけでなく,マイナスの財産(負債)も含まれます。要するに,借金なども引き継がれることがあるということです。

ただし,相続人は,相続を受けるか受けないかを自由に選択することができます。

開始された相続を受けるという意思表示のことを「相続の承認」といい,開始された相続を受けないという意思表示のことを「相続放棄」といいます。

資産を超えるような借金などの負債を相続してしまった場合には,相続放棄をすることによって,負債を引き継ぐことを免れることが可能です。

このように,誰が相続人となるか,その相続人がどの程度の相続財産を引き継ぐのかは,原則として民法で定められていまる。そのため,多くの場合には紛争となることなく,円満に解決しているかもしれません。

しかし,それでも,遺産相続に関する紛争というものは少なからず起こっています。理由はさまざまですが,場合によっては,非常に熾烈な親族間の骨肉の争いとなることがあります。

そのことから,遺産相続紛争は「争続」と揶揄されることすらあります。

すでに生じてしまっている遺産相続争いを解決するための法的手続のことを「遺産分割」といいます。

遺産分割とは,要するに,相続人間等で遺産をどのように配分するのかということを取り決めるための手続です。民法で定められている相続分の原則と異なる分配方法を話し合っていくことになります。

遺産分割の手続は,原則として,裁判外での当事者間の協議によって行われますが,協議が調わない場合や協議ができない事情がある場合には,裁判手続を利用することになります。

遺産分割のための裁判手続には,遺産分割の調停と遺産分割の審判があります。調停では,裁判所が当事者の間に入って話し合いを進めていくことになります。

それでも話がつかない場合には,裁判所が遺産分割方法を決定する審判手続をすることになります。遺産分割の裁判は,場合によっては,数年がかかるということもあり得ます。

上記のとおり,相続紛争は遺産分割手続によって終局的に解決を図ることは可能です。しかし,多くの労力と手間が必要となりますし,親族間に大きな溝を作ってしまう可能性がないというわけではありません。

そこで,このような遺産相続紛争をあらかじめ防止するための方法として,「遺言」という制度が用意されています。

被相続人が遺言を作成しておけば,相続開始後に,その遺言に従った遺産相続がなされることになります。

遺言を作成するということは,被相続人ご自身の遺志を尊重してもらえるという意味だけでなく,後日の相続人間での骨肉の紛争を予防できるという点で相続人の方たちのためにもなるという意味もあるのです。

ただし,遺言に法的な効力を持たせるためには,後に疑義が生じないような適切な内容を定めておくということが必要となってきますし,何より,法律で定められて方式によって作成しなければなりません。法定の方式で作成しなければ,遺言には何の法的効果も生じないからです。

遺言作成の法定の方式としては,自筆証書遺言,秘密証書遺言,公正証書遺言などの方式があります。

いずれも一長一短があり,ご事情によってどれを選択すべきかは異なってきますが,遺言作成だけでそれに強制力を持たせることができることや公証人が作成することにより遺言の信用性が高まることなどから,公正証書遺言の方式は効果的といえるでしょう。

なお,遺言を作成し,法定の相続分とは異なる配分を取り決めたとしても,法定相続人には,遺言によっても侵し得ない最低限の取り分が保障されています。それを「遺留分」といいます。

したがって,仮に,遺言によって法定相続分よりも少ない相続分しか割り当てられなかったとしても,その相続人の方は,遺留分侵害額請求という権利を行使して,法定相続分よりも多く相続を受けた方から,最低限度遺留分を侵害した金額については,ご自分に支払うよう請求することができるということになります。

上記のとおり,遺産相続にはさまざまな問題があります。しかし,それだけではありません。

上記の他にも,遺産(相続財産)の範囲自体に問題がある場合の遺産確認の問題,相続権の侵害に対する相続回復請求の問題,相続人がいない場合の相続人不存在の問題などさらにいろいろな問題があります。

このように,遺産相続の問題は,単なる親族間での問題ではなく,財産的な意味も含めた法律問題です。

したがって,遺産相続問題や遺言の作成などの問題を適切に解決・処理するためには,法律の専門家である弁護士のアドバイスが必要となってくる場合があります。

この遺産相続・遺言作成ネット相談室では,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が,これら各種の遺産相続・遺言に関する問題について詳しくご説明していきます。

遺産相続の紛争でお悩みの方や遺言作成をお考えの方など,相続について詳しく知りたいという方がいらっしゃいましたら,ぜひご覧ください。

なお,実際に弁護士と相談したいという方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。ご相談のご予約は,042-512-8890までお電話ください。お待ちしております。

遺産相続・遺言作成ネット相談室の更新情報

2020年11月14日
遺留分侵害額請求の期限はいつまでか? を公開いたしました!
2020年11月14日
民法改正前の遺留分減殺請求の手続はどのような流れで進むのか? を更新いたしました!
2020年10月25日
家族法・相続法とは? を更新いたしました!
2020年10月24日
遺留分侵害額請求の手続はどのような流れで進むのか? を公開いたしました!
2020年10月18日
民法改正前の遺留分減殺請求の方法・手続とは? を更新いたしました!
2020年10月18日
遺留分侵害額請求の方法・手続とは? を公開いたしました!
2020年10月14日
遺留分の割合(遺留分率)はどのくらいか? を更新いたしました!
2020年10月14日
遺留分侵害額請求できる遺留分権利者とは? を更新いたしました!
2020年10月04日
遺留分侵害額請求の弁護士報酬等の費用 を更新いたしました!
2020年10月03日
民法改正前の遺留分減殺請求(いりゅうぶんげんさいせいきゅう)とは? を更新いたしました!

>> さらに過去の更新情報 更新情報の定期購読(RSS)

遺産相続のことならLSC綜合法律事務所にご相談を!

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,遺産相続に関する法律相談やご依頼を承っております。法律相談料金は30分5000円(税別)です。

ご相談のご予約は【 042-512-8890 】までお電話ください。お待ちしております。

※なお,お電話・メールによるご相談は承っておりません。弊所にご来訪いただいてのご相談となります。あらかじめご了承ください。

>> 弁護士による遺産相続問題の法律相談

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

>> LSC綜合法律事務所までのアクセス

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

弁護士による遺産相続のご相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ